黒字社長塾とは?

  • TOP
  • 黒字社長塾とは?

黒字社長塾とは?

数字はすべてを語る!1円単位、0.1%単位まで、数値を徹底して分析することにより会社を黒字化させてみます!

黒字社長塾とは、中小企業経営者に特化した経営・会計コンサルティング事業です。
中小企業経営者・個人事業主からの経営相談に対し、フェイス・ツゥー・フェイスのコミュニケーションと、公認会計士による徹底した月次決算の分析を通し、安定的な黒字化とイノベーションを目指します。

社長の悩みから解放します宣言!

多くの社長が悩んでいます。多くの社長が孤独です。
情熱や夢をもって社長になったにも関わらず、悩みから解放される日はやってきません。
では、なぜ悩んでいるのでしょうか? なぜ孤独なのでしょうか?

社長の悩みから解放します宣言!

それは、はっきりしています。
業績が悪いから。
社長の悩みのほとんどの原因は、これです。
業績が悪いから、このままでは会社が倒産するかもしれない、従業員が徒労に迷うかもしれない、家族が食っていけなくなるかもしれない、自己破産するかもしれない、と色々な最悪の状況が頭をよぎります。考えただけでも胃が痛くなる話です。でも、この悩みから解放される日がやってくるとは思えません。「いっそうのこと、このまま逃げ出したら楽だろうなぁ」と思ったこともあるでしょう。しかし、悩み続けても、悩みから解放される ことはありません。現実逃避しても、胃の痛みは消えません。

では、どうしたらいいのか?
そんな時に、数あるサイトの中からこの「黒字社長塾」のサイトを見付けた貴方は超ラッキーです。運命です。
私は、この御縁を私も大切にして参りたいと思っています。この御縁でつながった貴方の悩みを解放するために「黒字社長塾」を立ち上げましたので。

少し長くなりますが、どうやって貴方の悩みを解放するのか説明しましょう。続きをご覧ください。

ページTOPへ

大丈夫、悩まない社長はいないから

あるデータによると、創業して10年後まで生き残っている企業は100社のうち6社しかありません(6%)。20年後となると1000社のうち3 社(0.3%)。30 年後となると10000社のうち2.5 社(0.25%)。企業の生存率は極めて低いのです。

大丈夫、悩まない社長はいないから

会社経営というものは、10年後には94%が消えてなくなるという「超サバイバルな世界」なのです。

また、国税庁の調べによると、7割以上の法人が欠損法人です。ただし、銀行の融資を受けるために、売上の前倒し計上等の利益の過大計上を行っている企業も多いことから、実際は全体の8割~9割は実質赤字ではないかと思われます。

つまり、会社経営とは、大半は赤字であり、そのほとんどが10年以内に消えていくという極めて過酷な環境の中での旅なのです。

ページTOPへ

だから、綺麗事を言うな! ―大切なことは、「会社を絶対に潰さないこと!」

このようなサバイバルな環境に身を置いているにも関わらず、多くの企業が右肩上がりの経営計画を立てています。
右肩下がりの経営計画は見たことがありません。しかし、現実的に、絶好調企業といわれている上場企業でさえ、その多くは増収増益を維持させることが出来ません。

上場企業だって売上高を1%上げることにもがき苦しんでいるのです。

過酷な環境の中にいる貴方に、さらに過酷な事を言いますが、貴方の会社が、毎年毎年売上高や利益を上げ続けることなんて、出来っこない!のです。そのことを、まずは認識しましょう。
社会貢献? 雇用促進? 納税?? 節税??そんな綺麗事を言っている場合じゃないですよ。
会社経営で最も大切なことは、そんなことじゃない。
最も大切なことは、「会社を潰さないこと」です。

ページTOPへ

「会社の潰れ方」

会社はなぜ潰れるのでしょうか? 赤字だから? 債務超過だから? いずれも違います。
会社が潰れる原因は、「キャッシュが尽きたから」です。

逆にいえば、キャッシュが尽きなければ、会社は絶対に潰れません。
では、キャッシュが尽きないようにするためにはどうしたらいいのか。簡単なことです。
支出(キャッシュアウト)を収入(キャッシュイン)の範囲におさえるのです。つまり、支出(キャッシュアウト)を減らすか、収入(キャッシュイン)を増やすかしかありません。
「キャッシュの最大化」 を経営目標にするのです。「キャッシュフロー経営」をするのです。

「会社の潰れ方」

しかし、そんな当たり前なことが大半の企業は出来ておらず、多くの会社が潰れているのです。それはなぜなのか?
理由は、「社長が数字を見ていない」 からです。

多くの社長は、自社の収入額も支出額も知りません。売上高は分かっていても、粗利率は分かりません。預金残高は分かっていても、借入金残高や借入金の月額返済額は分かりません。実は、社長は会社のことを最も知っているようで、実は知らないことだらけなのです。
「ウチは税理士が数字を見てるから大丈夫!」「借入できるうちは借入れすればよい!」って? 潰れた会社の社長も同じことを言っていますよ。税理士に任せておけば会社が倒産しないのであれば、世の中の社長がなんで銀行に頭下げなきゃならないんですか?

社長自身がちゃんと数字を見ていれば会社は絶対に潰れません。借入金に依存しなくても、企業再生や事業再生といったテクニカルな手法を使わなくても、原理原則をおさせておけば会社は絶対に潰れません。

ページTOPへ

キャッシュを最大化する方法

繰り返しますが、会社にキャッシュが残っている限り、会社は絶対に潰れません。
会社を潰さないためには、会社のキャッシュが尽きないように会社の数字を徹底して分析しなければなりません。

少しだけ簿記の話になりますが、とても重要なことを言いますので、あと少しお付き合いください。

キャッシュを最大化する方法は、(増資や配当等を除くと)理論上は以下の5つしかありません。

キャッシュの最大化フロー

キャッシュの最大化フロー

会社を潰さないためにはどちらの方法も大切ですが、
社長の悩みを解消するためには1. ~2. の方法を採らなければなりません。

銀行へ融資の申請をしたり、既存借入の減額交渉をしたり、保有資産を換金したりということをどれだけ頑張っても、これは一時的な「延命処置」に過ぎず、会社の健康状態(経営成績)は全く改善されません。
つまり、一時的な「延命処置」では社長の悩みを先送りしただけの話で、社長の悩みが消えることはありません。

ページTOPへ

イチローはドーピングを打っていない

社長が悩みから解放されるには、損益計算書(P/L) の改善、つまり、業績を良くするしかありません。
黒字化させるしかないのです。

そもそも、損益計算書(P/L) とは何かといえば、その年の会社の「健康状態」です。野球に例えると、損益計算書(P/L) はその年の「打率」です。貸借対照表(B/S) はその選手の「体力」です。
借入に依存するという事業再生法は、一時的にドーピングを打つことと何ら変わりません。一時的に体力が増強されるだけで、会社の「健康状態」も一時的な効果しかありません。むしろ、ドーピングを打ち続けると、ますます不健康になるだけです。

2009 年に「中小企業金融円滑化法」が施行され、借入金の返済条件変更等の実行件数が100 万件を超え、中小企業の資金繰りを下支えしてきましたが、2010 年度の倒産件数は前年の2.5 倍に急増したのです。
つまり、一時的にドーピングを打っても、会社の「健康状態」は何ら変わらず、ドーピングが切れたら元の状態に戻ったのです。

ページTOPへ

「最大の目標」を達成させるためには・・・

「会社を潰さない」という最大の目標を達成させるためには、「キャッシュの最大化」と「安定的な黒字化」という中目標を達成させなければなりません。

「最大の目標」を達成させるためには・・・

ページTOPへ

黒字社長塾」でやることは、「安心」のご提供です

「黒字社長塾」では「安心」をご提供致します。
「黒字社長塾」は、すべての塾生に対して「安心」をご提供するために次の「3つの約束」をいたします。

塾生へのお約束

すべての塾生を黒字社長にするために必要なことは、1 円単位、0.1% 単位まで徹底した「数字」の分析と、分析結果の言語化です。私たちは、徹底した「数字」の分析と、分析結果の言語化を繰り返すことによって、損益計算書(P/L)は必ず改善すると信じています。

正しい数字と、正しい分析。正しい改善策と正しい行動。これ以外に損益計算書(P/L)が改善する方法はありません。

会社の問題点のほとんどは数字に表れます。
黒字社長塾にご契約頂きますと、まずは黒字社長塾の公認会計士が財務分析(簡易監査)を実施します。財務分析の結果や現状の問題点は「分析報告書」としてご報告させて頂くとともに、現状の問題改善策や改善スケジュール案を「改善提案書」としてご提案させて頂きます。
その後、具体的な「改善計画書」を社長と共に作成し、改善に着手していきます。改善の進捗状況は、毎月の月次決算の財務分析を通してモニタリングし、「月次レビュー報告書」としてご報告致します。毎月の改善と、モニタリング、次月の改善計画の立案・・・と、毎月PDCAを繰り返すことにより、1年で問題点解決し、成果を出すことを目指します。

問題点改善へのフロー

私たちは、塾生の毎月の決算書を、会計監査を経験した公認会計士が徹底して分析し、その分析結果を分りやすく言語化して塾生へお伝えします。

徹底した「数字」の分析と、分析結果の言語化を社長自身が行っているのであれば、「黒字社長塾」に入塾する必要はありません。
しかし、ほとんどの人が医学の知識がないように、ほとんどの社長は会計の知識がありません。有能な医師はきちんと説明責任を果たすように、私たち公認会計士もきちんと塾生へ分析結果を分かりやすく説明していきます。

私たちは、塾生のすべての企業を永続企業として存続発展させることを最大の目標としています。
そのため、毎月の決算を公認会計士が徹底して分析することにより「キャッシュの最大化」と「安定的な黒字化」と実現させていきます。

会社は絶対に潰しません。塾生の皆様は、「安心」して本業に打ち込んで下さい!塾生の皆様が笑顔で経営に打ち込めるよう、私たちは全力で皆様をサポートしていきます!

どんな事でもまずはお気軽にお問い合わせください
メールマガジン
黒字社長塾公式facebook
社長のための 1年で売上が急上昇する「黒字シート」
社長のための 1年で会社を黒字にする方法
  • DVD販売
  • セミナーのご案内
  • 無料小冊子ダウンロード
  • 塾長武田雄治のブログ
  • クライアントの声
  • よくある質問
  • 会社概要
  • 塾の理念
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー