【オススメ本】 白木夏子 「自分のために生きる勇気」

自分のために生きる勇気
白木 夏子
ダイヤモンド社
2014-03-21


 

 

 

 

 

ライフネット生命の岩瀬大輔社長のfacebookの投稿で本書を知り、即買読破。

 

 

著者の白木夏子さんは、ジュエリーブランドHASUNAを立ち上げた女性起業家の方。
(事業の内容等はこちらのサイトをご参照下さい)

 

 

自分の価値観を理解し(第1章)、自分の選択を貫き、行動し(第2章)、ブレない胆力を鍛え(第3章)、周りの人を巻き込みながら(第4章)、主体的に生きていく(第5章)・・・という構成になっています。

 

 
各章の内容はとても共感できるものばかりでしたが、第4章に書かれている「地球上にいるなら会いに行く」「人といるということは人生をシェアしているということ」、という考えには特に共感しました。

 

 

女性起業家が書いた「起業本」かと思って購入しましたが、本書は起業の枠を超えた「自己啓発書」と言った方が良いでしょう。そのため、起業したい人のみならず、「何していいのか分からない」、「漠然と現状を変えたい」・・・と思っている方などには特にオススメしたい一冊です。久しぶりに人にプレゼントしたいと思うような本に出会いました。

 

 
———–

まずはできるところから始めて、その「今の私にできる行動の結果」をもとに、さらに行動していくのです。「今の私」でできることから始めることで、自分の行動のハードルを下げていく。

もちろん最初は完璧でなくてもかまいません。なぜなら、新しいことは、誰しもがゼロから始めるものだから。「今の自分」はゼロでかまわないのです。

———–

 

 

 

そうして進み続けていると、いつの間にかふと目の前にオアシスが見えてくるでしょう。そこでほっとして燃料を補給して走りだすと、またすぐに砂漠に突入してしまいます。

けれど一回目と圧倒的に違うのは「経験」です。二回目は「またどこかにオアシスがあるだろう」と腹をくくれる。

そうした繰り返しで、人は強くなっていくのです。

———–